ボール盤2台更新

この度、ボール盤を2台更新しました。
先ずは1台目、
遠州工業㈱製のESD-1050、こちらはロングスイング仕様で懐の深さが550ミリあるのが特徴です。
大きい自動造型機のプレートの穴あけや座繰り加工等で早事が効かない課題を解決できます。

もう一台、
同じく遠州工業㈱製のESD-460、いわゆるタッピング機能付きのボール盤です。
タップの折損不良が怖くて能率を上げられなかった点を解決できます。

架台はベル自慢の設計力を活かして自社設計&塗装まで一貫製作しました。

そして更新前のボール盤が此方。長い事お疲れさまでした。

関連記事

  1. 山形名物、冷たい肉蕎麦を皆で頂きました

  2. 4/24、八重桜、、蕾

  3. 2023年もベルモデルをよろしくお願いいたします

  4. ベルの一本八重桜満開

  5. 令和元年度、ベルの忘年会開催しました

  6. 11月の休業日変更のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP